FC2ブログ

死霊騎士デスカリバー・ナイト

《死霊騎士デスカリバー・ナイト》

効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1900/守1800
このカードは特殊召喚できない。
効果モンスターの効果が発動した時、
フィールド上に表側表示で存在するこのカードを生け贄に捧げなければならない。
その効果モンスターの発動と効果を無効にし、そのモンスターを破壊する。



ザ・ヴァリュアブル・ブック8 付属カードで登場した闇属性・悪魔族の下級モンスター。
 特殊召喚できない召喚ルール効果と、自身を生け贄に捧げる事をコストにして効果モンスターの発動と効果を無効にする誘発即時効果を持つ。

 テキストを見る限り分かりづらいところはあるが、モンスター効果は発動時にチェーンブロックを作る効果をほぼ全て無効化できるということである。
 フィールド以外で発動する効果も無効にできるので、墓地・除外状態・手札・デッキのどこでチェーンブロックを作る効果が発動する場合も無効にできる。
 一方でチェーンブロックを作らない効果には反応しない。
 融通が利かないもののステータス・効果両面が優れており、現環境において《サイバー・ドラゴン》に次ぐ最強クラスの下級アタッカーと評価されている。

 誘発即時効果である為相手ターンでもチェーンに乗る効果には全て反応し無効化する。
 ダメージステップの「戦闘ダメージを与える」ことが条件の誘発効果などに対しても発動する。
 そのため、このカードが戦闘によって破壊されることが確定した後でも反応し無効化・破壊できる。
 しかし、処理の手順上「墓地に送られた後発動する効果」の場合は相打ちした場合は無効化できない。
 その時点で既にこのカードが墓地に存在することになるためである。
 チェーンに乗らない《魂を削る死霊》の自壊効果に対しては反応しないのも魅力の一つである。

 基本的な運用は、相手モンスター1体を戦闘で破壊した上で、フィールドに居座るだけでよい。
 カードの効果で除去されたり効果モンスターを犠牲に処理される事も多いが、その時点で既に1枚分のアドバンテージを得ている事になる。
 特に、厄介な効果を持つリバース効果モンスターやリクルーターと1:1交換で刺し違えたりと、局面的に除去を狙うのも有効。
 《ネフティスの鳳凰神》や《ヴァンパイア・ロード》の自己再生効果も潰す事が可能。
 (効果は"無効"にするが、《ネフティスの鳳凰神》等は既に墓地にいる為"破壊"はしていない。よって、これらが再び自己再生することはない)
 以上の事から、非常にアドバンテージを取りやすく、状況打開能力に長けたカードである事が分かる。
 《異次元の女戦士》や《ならず者傭兵部隊》と並んで、多くの効果モンスターと1:1交換に持ち込めるのだ。
 《冥府の使者ゴーズ》の効果も無効にして破壊する事が可能なので是非覚えておこう。

 だが、以下のようなデメリットがあり、良い事尽くめではない。

特殊召喚できないことで、蘇生や帰還が不可能であること。
下級モンスターであるため特に気にせずに運用できるが再利用しにくいため基本的に使い捨てとなる。
自分のモンスターの効果にも対応し、発動タイミングを選択できないこと。
何も考えずに召喚すると自分の効果モンスターと共倒れになる場合がある。
自分の《D.D.アサイラント》、リクルーター、リバース効果をもつモンスターと心中された時など目も当てられない。
相手がモンスターの効果を発動することで、強制的に除去されてしまう点。
例えば、《黄泉ガエル》の起動効果や、リクルーターの自爆特攻で状況を打開されたりする。
さらには《クリボー》や《D.D.クロウ》の誘発即時効果を使われて、伏せカードがない状態から1:1交換をされることもある。
【ダムドビート】や【ライトロード】に頻繁に投入されている《ネクロ・ガードナー》とも相性が悪い。
特に後者の場合はライトロードの効果で勝手に墓地に落ちた場合、実質こちらが損をする。
「効果モンスターを効率よく相殺できる事」は「相手から1:1除去を受けやすい事」でもあるのだ。
 なお、闇属性ではあるが、単体で3種ウイルスカードの生け贄にする事はできない。
 かつてはカオスモンスターの墓地コストにすることができたが、今となっては昔の話である。
 属性を生かす場合は《速攻の黒い忍者》や《ダークゾーン》が有用。
 また、悪魔族であるため、《ダーク・ネクロフィア》の墓地コストにすることができる。
 さらに、闇属性・悪魔族のモンスターであるため、天魔神の墓地コスト・生け贄にもできる。

 総じて、攻撃を行いつつ差し違えてでも相手の反撃を封じるという非常に攻撃的なモンスターと言える。
 場持ちは最悪だが、攻め込むことにおいてこれほど頼れるモンスターはいないだろう。

このカードを使う前に、このカードに関するルールを徹底的に調べておきたい。
どのカードが無効化できるかどうかの判断用のチェーンに乗る・乗らないの分類は《天罰》を参照。
このカードのルールは難しいので、チェーンに乗る・乗らないでルール論争にならないようにしたい。
モンスターが複数の効果を持つ場合も直前に発動したもののみ無効とする。
全ての効果が一度に無効化される訳ではない。
また《死霊ゾーマ》のダメージ効果は墓地で『罠として』発動する為、このカードで無効化する事はできない。
情報公開当初は《キラー・スネーク》が必須カードであった為、自滅しやすく使いにくいのではないかと評価されていた。
しかし、このカードが販売される媒体となったVB8において初公開された当時の最新禁止カード一覧に《キラー・スネーク》が入っていたために、評価が急上昇した。
多少制約的条件があるとは言え、《キラー・スネーク》の相互互換と言ってよい《黄泉ガエル》さらには《不死武士》が登場。
これに対して警戒が必要となっている。(といっても警戒のしようがないが)
なお、これらが弱点とされる理由はどちらも「スタンバイフェイズ中であれば何度でも発動できる」ところにある。
つまり、1度目に反応して無効化しても2度目で効果を適用されるので、事実上ノーコストで対処されてしまうのだ。
かつては、「《ナーガ》の効果はチェーンに乗るが、デッキで発動するため無効化できない」という裁定であった。
2007年初頭には調整中となり、2007年4月上旬には「《ナーガ》の効果も無効にできる」と裁定変更された。
任意効果と強制効果が同時誘発した場合について(07/04/)
強制効果だけなら「最後の効果が無効になる」と覚えるだけで構わない。
任意効果が絡んだ場合も、「発動する・しない」の選択がある以外はほぼ同じである。
例:《クリッター》を生け贄に《氷帝メビウス》を生け贄召喚した場合
(《死霊騎士デスカリバー・ナイト》がフィールドに存在しない場合は、強制効果・任意効果の関係から「チェーン1:《クリッター》」「チェーン2:《氷帝メビウス》」と積む)
まず、《クリッター》の効果がチェーン1に置かれる。
次に《氷帝メビウス》の効果を使うか使わないかを選択する。
その後で、《死霊騎士デスカリバー・ナイト》の効果がチェーンに積まれる。
《氷帝メビウス》の効果を使う場合は《氷帝メビウス》の効果に、使わない場合は《クリッター》の効果に反応する。
つまり「複数の効果が同時多発した場合は、強制効果・任意効果関係なく全てをチェーンに積み、その一番最後に対し反応する」である。
ただし、これは《死霊騎士デスカリバー・ナイト》が1体だけの時適用される認識である点に注意。
《死霊騎士デスカリバー・ナイト》が2体以上存在している場合は、上記の通り「2つ前の効果」に対しチェーンする事例も発生する。
(具体例は、FAQを参照)
たまに見かける間違った表記として「死霊騎士デスカバリー・ナイト」がある。
しかし、「デスカバリー(ディスカバリー)・ナイト」では「発見騎士」という意味になってしまう。→間違えやすいカード名
もっともこの間違いは、英語版カードの実物が存在していない時点でのゲーム版で登場した際の英語名表記も一因であろう。
詳しくは下記「コナミのゲーム作品において―」参照。
カリバーは片手剣の事である。
原作・アニメにおいて―
記憶編の「遊戯vs闇獏良」でバクラが使用。
先鋒として放たれた高攻撃力を誇るモンスターであったが、《マシュマロン》によって攻撃を阻まれる。
その後、罠を無効にする《罠の護符》を装備するも、《マシュマロンのメガネ》によって再度攻撃を阻まれる。
その後はパワーアップしたサイレント・ソードマンの前に倒れる。
原作・アニメでは通常モンスターだったようだ。
ちなみに、このデュエルでバクラは《死霊導師デスクレジット・メイジ》というこのカードと似た特徴を持つモンスターも使用している。

アニメ5D'sの公式サイトのデュエルワンポイントレッスンでアニメ準拠の画像が掲載された。
なんと上記の通常モンスター仕様が掲載され、ちゃんとフレイバー・テキストも書かれている。
また悪魔族代表として登場したのだが、テキストをよく見るとアンデット族になっている。
コナミのゲーム作品において―
ゲーム作品では英語名が《Skull Descovery Knight》となっていた。
遊戯王ONLINEで登場したときには《Doomcaliber Knight》という、実物と同じ名前になっている。
DUEL TERMINALでも原作同様に闇獏良が使用してくる。

関連カード †
《ならず者傭兵部隊》
《コアキメイル・ガーディアン》
《トラップ処理班 Aチーム》
《魔力吸収球体》
《光と闇の竜》
《エンジェルO7》
《天罰》

収録パック等 †
ザ・ヴァリュアブル・ブック8 付属カード VB8-JP002 Ultra↑
FAQ †
Q:このカードの効果は、場に存在しないモンスター(《クリッター》など)の効果も無効化できますか?
A:はい、《キラー・スネーク》などフィールド以外で発動する効果も無効化します。
  《ナーガ》に関しても効果を無効にします。(07/04/01)

Q:このカードが自分の場に2体いる時、相手が《炎帝テスタロス》を生け贄召喚しました。どうなりますか?
A:暫定的に、《死霊騎士デスカリバー・ナイト》をそれぞれ「A」と「B」とします。
  この場合、相手の《炎帝テスタロス》の効果に対し両方がコストとして即座に生け贄に捧げられ同時にチェーンする形になります。
  つまり、チェーンは「1:《炎帝テスタロス》」「2:《死霊騎士デスカリバー・ナイト》A(対象→《炎帝テスタロス》)」「3:《死霊騎士デスカリバー・ナイト》B(対象→《炎帝テスタロス》)」の順になります。
  この場合、まず逆順処理により直接チェーンしていない「3:《死霊騎士デスカリバー・ナイト》B」の効果は不発、「2:《死霊騎士デスカリバー・ナイト》A」の効果で《炎帝テスタロス》の効果は無効になります。
  あくまで「A」と「B」は『同時に』『《炎帝テスタロス》に対して』反応するため、「A」が「B」に反応したり、逆に「B」が「A」に反応することはありません。

Q:2体の効果モンスターの誘発効果が同時発生した場合、このカードの効果で「チェーンブロック1の効果を無効にする」ことを選択できますか?
A:いいえ、チェーンブロック1の効果を無効にすることはできません。
  例えば「1:《クリッター》」「2:《雷帝ザボルグ》」と効果のチェーンが積まれた場合、《雷帝ザボルグ》の効果に対して「無効化効果」を強制誘発します。
  よって、《雷帝ザボルグ》の効果を無効にしますが《クリッター》の効果には干渉できません。

Q:このカードの存在中に《砂漠の光》でリバース効果モンスター3体がリバースした場合、どう処理しますか?
A:リバース効果3種類をそれぞれ「チェーン1」「チェーン2」「チェーン3」に積み、《死霊騎士デスカリバー・ナイト》はチェーン3の効果に対し強制誘発します。(07/04/20)

Q:《死霊騎士デスカリバー・ナイト》と《生還の宝札》がある状態で《聖鳥クレイン》を蘇生した場合、チェーンの組み方はどうなりますか?
A:チェーン1:《聖鳥クレイン》(強制発動の誘発効果)
  チェーン2:《生還の宝札》(任意発動の誘発効果)
  チェーン3:《死霊騎士デスカリバー・ナイト》(《聖鳥クレイン》の発動に対して)
  とチェーンを組み、逆順処理の際、《聖鳥クレイン》の効果に直接チェーンされていない《死霊騎士デスカリバー・ナイト》の無効化は不発になります。(《聖鳥クレイン》のドローは有効となる。)(08/08/23)

Q:「《スキルドレイン》が存在する」または「相手フィールド上に《D-HERO Bloo-D》 が存在する」状況において、《死霊騎士デスカリバー・ナイト》の効果は無効になりますか?
A:効果解決時にはフィールドに存在しないため、無効にはなりません。(08/08/23)

Q:《精神操作》でコントロールを得た《死霊騎士デスカリバー・ナイト》は、効果モンスターの効果が発動したとき、自身を生け贄に捧げ効果を無効にする強制効果は発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(09/01/21)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ウェム

Author:ウェム
【ご挨拶】

ようこそおいでくださいまし。

幼い時はラジオ体操ではなく神戸体操を…つまり神戸在住。

サッカー全般(主にチェルシー)、遊戯王、くだらないこと、日々の愚痴…
この辺が主な内容のブログ。

メモ帳代わりにブログを使ってまして、いろいろとコピペしています。
問題がある場合はお知らせください。

関係者入り口

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
俺のブログ値段は!?
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
RSSリンクの表示
リンク
Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索